十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

アメリカン航空 AA3430 トロントーシカゴ メインキャビン・エクストラ 搭乗記

f:id:junintoiro_jp:20190131000114j:plain
 カナダのトロント・ピアソン国際空港からアメリカのシカゴ・オヘア国際空港まで、アメリカン航空のメインキャビン・エクストラを利用しましたので、ご紹介させていただきます。 

 

フライトデータ

・出発:トロント・ピアソン(YYZ)07:45

・到着:シカゴ・オヘア(ORD)09:02

・便名:AA3430

・クラス:メインキャビン・エクストラ

・座席番号:8F(窓側)

・使用機材:エンブラエル175

・所要時間:2時間17分

・搭乗月:2019年1月

  

チェックインから荷物預け入れまでは全て機械で

f:id:junintoiro_jp:20190131000110j:plain

 チェックインは基本的にはこちらのキオスクを使用し、自分でチェックインをする必要があります。というのも、キオスクを使用せず、カウンターへ直接行くと、チェックイン対応をしてくれない可能性がありますので、ご注意下さい。なお、キオスクは日本語対応がなされていましたので、英語ができない方でも大丈夫かと思います。

 

f:id:junintoiro_jp:20190131000107j:plain

 また、チェックイン後、キオスクから搭乗券と受託手荷物用タグが印刷されるので、受託手荷物用タグを荷物に貼り付け、「Baggage Drop-off」のところで荷物をご自身で流す必要があります。なお、超過手荷物がある場合には、こちらで預け入れることができず、直接チェックインカウンターへ行く必要があります。

 

カナダ発アメリカ着の便の場合はカナダでアメリカ入国手続きあり

f:id:junintoiro_jp:20190131000103j:plain

 ここから保安検査等の手続きが始まります。カナダ発ーアメリカ着の便の場合、カナダ国内でアメリカ入国手続きを行います。なお、カナダの出国手続きはありません。ここで注意なのは、アメリカ着と書いていますが、例えば、最終目的地が日本で、アメリカを経由する便を含む旅程がある場合であっても、アメリカへの入国手続きが必要です。

 そして、今回利用した便は比較的早朝の便であるにも関わらず、既に長蛇の列ができていました。基本的には、カナダ発ーアメリカ着の便をご利用される場合は、出発時刻3時間前の空港到着をおすすめします。

 

荷物入れは小さいので注意

f:id:junintoiro_jp:20190131000100j:plain

 アメリカン航空の搭乗の際は上記の順番で案内されます。JALの上級会員であるJGCに加入されている方であれば、グループ2やグループ3での優先搭乗が可能です。また、これらの上級会員を満たさない方であっても、メインキャビン・エクストラを使用される方は、グループ5で案内される形となり、比較的早い段階での搭乗が可能です。

 アメリカン航空の搭乗案内については、アメリカン航空HPよりいただいております。

www.americanairlines.jp

  

f:id:junintoiro_jp:20190131000209j:plain

 少し厄介だったのは、機内頭上の手荷物収納スペースが非常に小さかったことです。今回搭乗した便では搭乗率がそれほど高くありませんでしたが、それでも自分の座席と離れた場所に手荷物を移動されている方もいらっしゃいました。したがって、それぞれのグループ番号が案内された時点で、少しでも早く搭乗されることをおすすめします。

 

座席は非常に快適

f:id:junintoiro_jp:20190131000205j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190131000202j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190131000158j:plain

 メインキャビンおよびメインキャビン・エクストラの配列は2-2であり、メインキャビン最前列の8Fの座席を利用しました。シートピッチが非常に広く、快適に過ごすことができました。

 また、8F側の座席は、8A側よりもシートピッチが広く、さらに、8Fの隣の座席である8Dは、事前座席指定不可の座席となっており、搭乗日当日にこちらの座席を指定する人がいなければ、隣の席の人がいない状態で空の旅を過ごすことができるため、そういう意味でも8F側の席の方がおすすめかと思います。

 座席表はSeatGuru HPよりいただいております。

www.seatguru.com

 

軽食もあり

f:id:junintoiro_jp:20190131000155j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190131000236j:plain

 通常のメインキャビンであれば、カナダーアメリカ国際線の場合、機内食の支給はありませんが、メインキャビン・エクストラ搭乗者は、飲み物に加え、スナック菓子などがいくつか配られます。味のレベルはイマイチといったところでしょうか。

 

機内Wi-Fi利用可

f:id:junintoiro_jp:20190131000233j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190131000230j:plain

 機内Wi-Fiもありましたが、短距離路線であったため利用していません。T-Mobileユーザーの方は無料で使えるようですが、基本的には有料です

 また、機内エンターテイメントはSafariChromeなどのブラウザを用い、機内Wi-Fiを使って接続します。エンターテイメント利用料は無料でしたが、速度があまりにも遅く映画等は全く閲覧できませんでした。 

 

JGC会員は無料指定可

 JALグローバルクラブ会員の方であれば、最低でもワンワールドサファイアが獲得されるため、メインキャビン・エクストラの指定料金は無料となります。その他、無料となるための要件がいくつか存在しますが、これらの上級会員を満たさない方であっても、有料であれば、誰でも指定可能です。料金は20USD〜となっており、路線によって異なるようです。

 

最後に 

 今回利用させていただいたメインキャビン・エクストラは、カナダーアメリカの国際線ながらも、体感的にはJAL国内線のクラスJのようなコストパフォーマンスが得られる良席ではないかと感じました。また、アメリカン航空のサービスに関する評判は、ネット上で集めても決して良いものとは言えませんが、私が搭乗した便のCAさんに関しては、事前に乗り継ぎ情報を案内して下さるなどの対応をしていただき、非常に好感が持てました。トータル的にはアメリカン航空のメインキャビン・エクストラは利用価値のある座席かと思います。