十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

東京国際空港(羽田空港) 国内線 日本航空ダイヤモンド・プレミアラウンジ ラウンジ訪問記

f:id:junintoiro_jp:20190208120826j:plain

 東京国際空港羽田空港)の国内線内に設置されている日本航空ダイヤモンド・プレミアラウンジ(Japan Airlines Diamond Premier Lounge)を利用させていただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ラウンジデータ

 

・利用資格:ファーストクラス / エメラルドステータス(日本航空グループのフライト利用時のみ)

・アクセス:ターミナル1 / 南ウィング3階および北ウィング3 / 保安検査場通過後

・営業時間:05:15 - 最終便出発まで

 

 

利用条件が高い

f:id:junintoiro_jp:20190208120920j:plain 

国際線の日本航空ファーストクラスラウンジと同様、利用条件が非常に高く、原則として、ファーストクラス利用者およびエメラルドステータスホールダーしか利用ができません。したがって、国際線ビジネスクラス利用者や、JGC会員であってもサファイアステータスの方は利用することができません。ただし、ファーストクラス利用者またはエメラルドステータス保持者と同伴する場合は、同行者1名に限り利用が認められます。

 なお、ANA SUITE LOUNGEとは異なり、クーポン・利用券による利用も認められないことから、利用のハードルが非常に高いと言えます。

 写真は日本航空HPよりいただいております。

www.jal.co.jp

 

ダイヤモンド・プレミアラウンジは2ヶ所あり

f:id:junintoiro_jp:20190208120731j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120826j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190208120926j:plain

 JAL羽田空港の国内線ロビーは、第1ターミナルにあり、チェックインカウンターは、2階の南ウィングと北ウィングにあります。JGCカウンターのすぐ隣に、ファーストクラス、ダイヤモンド・プレミア会員専用エントランスがありますので、こちらで保安検査を済ませた後、すぐにダイヤモンド・プレミアラウンジへのエスカレーターへと接続します。エスカレーターで3階へ上がると、レセプションが見えますので、左手側がダイヤモンド・プレミアラウンジ、右手側がサクララウンジとなります。

 フロアマップは日本航空HPよりいただいております。

 

北ウィング側がおすすめ

f:id:junintoiro_jp:20190208120644j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120929j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190208121824j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120923j:plain 南ウィング側と北ウィング側の両方のダイヤモンド・プレミアラウンジを利用させていただきましたが、おすすめは北ウィング側です。というのも、南ウィング側の座席数が115席であるのに対し、北ウィング側の座席数は185席あり、非常に広々と過ごすことができます。また、半個室ブースも南ウィング側の方が多く、プライベートな空間でゆっくり過ごしたいという方は北ウィング側のダイヤモンド・プレミアラウンジの利用をおすすめします。

 写真は日本航空HPよりいただいております。

www.jal.co.jp

 

軽食・アルコールあり

f:id:junintoiro_jp:20190208120838j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120748j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120834j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120649j:plain

 クロワッサンやおにぎり、スープなどの軽食が用意されておりました。軽食と書いておりますが、こちらだけで十分にお腹は満たせるほどの美味しさで、また、アサヒやサントリーなどのビールに加え、ウィスキーや焼酎も1本ずつ用意されておりました。国内線のラウンジであるにも関わらず、ここまでの軽食や飲み物が用意されているのはダイヤモンド・プレミアラウンジならではです。

 

トイレもシャワーブースも綺麗

f:id:junintoiro_jp:20190208120653j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120735j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120842j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190208120739j:plain

 今回は北ウィング側でシャワーを利用させていただきました。というのも、南ウィング側で受付をすると、清掃の関係で15分ほど待ち時間が発生するとのことで、北ウィング側へと案内されました。シャンプー類は備え付けのものがありますが、歯ブラシや髭剃りなどのアメニティは、受付でいただいてからシャワーを利用することになります。水温・水圧共に完璧で、使用中にぬるくなることも、水圧が低くなることもなく、非常に満足でした。なお、シャワーブース内にはトイレが付いておりませんので、事前に済ませる必要があります。

 

 

その他のサービス・設備について

f:id:junintoiro_jp:20190208120636j:plain

 手荷物収納スペースが確保されており、機内手荷物程度の荷物を置くことができます。保安検査通過後の荷物の量としては十分すぎるスペースかと思います。

 また、マッサージ機が用意されておりましたが、使用中のため写真を撮影することができませんでした。

 

最後に

 今回利用させていただいた羽田空港日本航空ダイヤモンド・プレミアラウンジですが、国内線ながら軽食が楽しめる点、半個室ブースやマッサージ機なども楽しめる点を考慮すると、さすがダイヤモンド・プレミアラウンジの名に恥じないラウンジと言えます。また、座席数の関係から、個人的には2ヶ所あるラウンジのうち、南ウィング側ではなく北ウィング側をおすすめします。しかし、南ウィングと北ウィングは徒歩5分程度の距離があることと、軽食の内容が微妙に異なるので、こちらには留意点が必要です。

 次回はサクララウンジ側のレポートについてもお届けしたいと思います。