十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【2019年2月最新版】JAL・ANA 海外発券の王様 クアラルンプール発券は未だ健在か

f:id:junintoiro_jp:20190224120125j:plain

 今回は、海外発券の中でも、JALであればJGC修行、ANAであればSFC修行の王道ルートの一つ「クアラルーンプール発券」が、果たして未だにお得感があるルートなのかを検証してみました。

 写真はGreat Circle Mapperよりいただいております。

www.gcmap.com

 

検証の前提について

 ANAは、2018年10月より、国際線における国内線乗り継ぎ区間のマイル積算率が変更されたことに伴い、大半の予約クラスにおいて、獲得できるプレミアムポイント(以下、PP)も減少してしまいました。また、プレミアムエコノミークラスにおいては、予約クラスEではその影響を受けなかったものの、新しく予約クラスNが設定され、マイル積算率は70%となりました。

 一方で、JALの場合、2019年2月時点では、国際線航空券に含まれる日本国内区間は予約クラスを問わず、マイル積算率が100%であることから、獲得可能なFLY ON ポイント(以下、FOP)は未だ100%となっています。

 また、国内線最長路線については、ANAの場合、新千歳ー那覇となっているものの、JALの場合、羽田ー石垣となっていることから、今回は、できる限り近い条件での検証をするべく、マイル積算率100%となるプレミアムエコノミークラスによる「クアラルンプールー東京ー石垣」ルートで調べてみたいと思います。

 なお、日程等については、直近の3月で最安値となるところを探し、JALおよびANA両者において、同日出発・同日帰着となるところがありましたので、こちらで検証を行いたいと思います。

 

JALの場合

f:id:junintoiro_jp:20190224120115j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190224120121j:plain

 

日付 便名 出発 到着 予約クラス 積算マイル FOP 購入価格 FOP単価
2019/3/11 JL724 KUL 22:50 NRT 06:35(+1) E 3,338 5,407 100,466 6.09
2019/3/12 NU73 HND 14:15 ISG 17:40 Y 1,224 2,848
2010/3/15 NU76 ISG 19:20 HND 22:00 Y 1,224 2,848
2019/3/16 JL723 NRT 11:05 KUL 18:10 E 3,338 5,407
              9,124 16,510    

 

 積算マイルは9,124、FOPは16,510となり、購入価格は100,466円(概算)となります。ここから算出すると、FOP単価は6.09(概算)となります。

 写真は日本航空HPよりいただいております。

www.my.jal.co.jp

 

ANAの場合

f:id:junintoiro_jp:20190224120110j:plain

 

日付 便名 出発 到着 予約クラス 積算マイル PP 購入価格 PP単価
2019/3/11 NH886 KUL 14:15 HND 22:05 E 3,338 5,407 105,570 6.72
2019/3/12 NH89 HND 6:15 ISG 9:30 Y 1,224 2,448
2010/3/15 NH92 ISG 15:30 HND 18:10 Y 1,224 2,448
2019/3/16 NH885 HND 0:05 KUL 6:45 E 3,338 5,407
              9,124 15,710    

 

 積算マイルは9,124、FOPは15,710となり、購入価格は105,570円となります。上記同様に算出すると、PP単価は6.72となります。

 写真は全日空HPよりいただいております。

www.ana.co.jp

 

JALANAの単価の差について

 まず、JALの方がANAよりも約5,000円ほど安く購入できますが、JALの場合、クアラルンブールー成田路線しかなく、羽田ー石垣区間利用時には、羽田と成田の移動が伴います。成田空港から羽田空港国際線ターミナルまでの最安運賃で片道1,630円(IC利用時:1,612円)であることと、所要時間2時間前後であることを考慮すると、往復分の運賃3,260円および総移動時間4時間以上の空港間移動を考慮した運賃設定であるものと思われます。

 次に、JALの場合、国内線区間についても片道400FOPのボーナスマイルがありますが、ANAの場合はこのボーナスマイルはありません。

 なお、インターネットからの購入であれば、ANAの場合、お支払い総額が円建てになっておりますので、こちらの価格での購入が可能です。対して、JALの場合、運賃・お支払い額はあくまで外貨建てとなっており、JAL所定のレートで決済が行われますので、参考円建て表記とは若干異なります。

 

最後に

 海外発券の王道ルートの一つであるクアラルンプール発券についてですが、出発日まで1ヶ月もない3月出発で検索したにも関わらず、JALANA両者とも6円台という優秀な単価で修行を行うことができることから、未だ海外発券の王様と言えるのではないでしょうか。なお、海外発券ということで、クアラルンプールまでどのように行くのかという問題も生じてきますが、クアラルンプールはLCCで行きやすいポイントであること、さらに、マイル発券でも比較的取りやすいルートであることを考えると、それほど難しい発券ルートではないかと思います。

 また、JALの場合、クアラルンプール発券ではなく、カリマンタン島のコタキナバル発券であれば、コタキナバルからクアラルンプールまでのルートが追加されるため、更に単価を落とすことができることを確認しましたが、コタキナバルまでのアクセスが難しいのではないかと思い、クアラルンプール発券にて記事を作らせていただきました。