十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【プレエコ無料開放】日本航空 JL735 東京ー香港 プレミアムエコノミークラス 搭乗記

f:id:junintoiro_jp:20190302174633j:plain 成田国際空港から香港国際空港まで、日本航空のプレミアムエコノミークラスを利用しましたので、ご紹介させていただきます。 

 

フライトデータ

・出発:東京・成田(NRT)18:10

・到着:香港(HKG)22:30

・便名:JL735

・クラス:プレミアムエコノミー

・座席番号:17A

・使用機材:ボーイング777-200ER

・所要時間:5時間20分

・搭乗月:2019年2月

 

予約時において上級席開放

f:id:junintoiro_jp:20190302174503j:plain

 今回、プレミアムエコノミークラスにて搭乗させていただきましたが、元々はエコノミークラスでの予約をしておりました。しかし、予約後の座席指定の際に、既にプレミアムエコノミークラスの座席が開放されておりましたので、無料でアップグレードができた形となります。

 また、どのようなルールに基づき、上級席の開放を行なっているのかにつきましては分かりませんが、おそらく予約クラスや会員種別などが影響しているかと思われます。

 JALの国際線の予約クラスは、上位から下位の順番で以下の通りとなります。

 

 F/A/J/C/D/X/I/W/E/Y/B/H/K/M/L/V/S/N/Q/O

 

 私が今回予約させていただいた予約クラスは、H・K・Mのいずれかのクラスとなります。

www.hk.jal.co.jp

 

おすすめは最前列のプレエコ

f:id:junintoiro_jp:20190302174416j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190302174333j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190302174459j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190302174456j:plain

 プレミアムエコノミークラス最前列の17Kの座席を利用しました。こちらの座席は目の前に壁がありますが、座席を全て倒した状態で、かつ、浅く腰掛けた状態で、目の前の壁につま先が当たるくらいの距離が確保されていますので、中距離・長距離のフライトでは全く疲れを感じさせない座席かと思います。

 クラス別シート情報および座席表は日本航空HPよりいただいております。 

www.jal.co.jp

 

機内食は日本発なのに微妙

f:id:junintoiro_jp:20190302174313j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190302174420j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190302174323j:plain

 日本発の便では珍しく(?)機内食があまり美味しくありませんでした。ハンバーグは美味しかったのですが、黄色のご飯とトマトソース仕立てのチキンとの相性がイマイチかなと思いました。

 

アメニティはエコノミー用

 通常、プレミアムエコノミークラスでの搭乗の場合、スリッパやアイマスクなどが入った5点セットのアメニティキットが配布されますが、今回はこちらの配布はなく、また、ノイズキャンセリング付きヘッドホンも配布されませんでした。

 

エンターテイメントは最新式

f:id:junintoiro_jp:20190302174328j:plain

 機内エンターテイメントについては、MAGIC-Ⅵを搭載しており、最新バージョンであることから、タッチパネルの感度に不満は感じられませんでした。

 

機内Wi-Fiは相変わらず・・・

 今回の機内Wi-Fiも接続的には非常に遅く、隣に座られている方は、スマホからの接続が全くできていないような雰囲気でした。搭乗率も満席近く、またビジネスマンが非常に多かったことから、おそらくJALの国際線 機内Wi-Fiサービスでは、接続上限数が制限されているかと思います。

 

もちろんコンセントあり

f:id:junintoiro_jp:20190302174410j:plain

 エコノミークラスでのコンセントとは異なり、1人1つのコンセントが用意されております。写真がなぜかフォーカスできず、ピンボケしております。

 

最後に

f:id:junintoiro_jp:20190302174429j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190302174503j:plain

 今回は、時々ある上級席の開放でプレミアムエコノミークラスの座席を体験させていただきましたが、あくまで座席のみの提供ということで、アメニティキットの提供や、通常のプレミアムエコノミークラスでの軽食として提供される「うどんですかい」などはいただくことはできませんでした。とはいえ、個人的な意見とはなりますが、エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスの差はこれぐらいのもので、基本的な機内食やその他サービス提供はほぼ同じと言えますので、特段大きなマイナスポイントとはならないかと思います。いや、まず無料の座席開放なので、そういう贅沢なことも言うな、というところでしょうか(笑)

 上級席の無料開放は、エコノミークラスの予約においても、ビジネスクラスの座席が開放されることもあり、その条件については、現時点では全く把握できておりません。しかし、座席指定画面において、通常の緑色ではなく、深い緑色の座席が現れた時には、いわゆるインボラとほぼ同じ状況でありますので、とりあえずは座席のホールドをおすすめ致します。

 

www.junintoiro.jpwww.junintoiro.jp