十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【これが世界一のラウンジだ ー その2】香港国際空港 国際線 キャセイパシフィック ザ・ピア<ファースト> ラウンジ訪問記

f:id:junintoiro_jp:20190308191240j:plain

 香港国際空港の国際線内に設置されているキャセイパシフィック ザ・ピア<ファースト>(Cathay Pacific The Pier <First>)のラウンジを利用させていただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ラウンジデータ

・利用資格:ファーストクラス / エメラルドステータス(ワンワールド加盟航空会社のフライト利用時)

・アクセス:ターミナル1 / 6階 / ゲート63・65付近 / 保安検査場通過後

・営業時間:05:30 - 00:30

 

利用ハードルが高い

f:id:junintoiro_jp:20190304173128j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190304173132j:plain

 原則として、ファーストクラス利用者およびエメラルドステータスホールダーしか利用ができません。したがって、ビジネスクラス利用者や、JGC会員であってもサファイアステータスの方は利用することができません。ただし、ファーストクラス利用者またはエメラルドステータス保持者と同伴する場合は、同行者1名に限り利用が認められます。なお、JALのステータスでの利用の場合であれば、JGCプレミア以上のステータスで利用が可能となります。

 写真はキャセイパシフィック航空HPよりいただいております。

www.cathaypacific.com

 

ランキング世界一のラウンジ

f:id:junintoiro_jp:20190304173410j:plain

 キャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジは、航空会社の格付けで有名なスカイトラックス社による航空会社運営のラウンジ部門で世界第一位のラウンジとなっています。データは2016年のものとなりますが、2017年と2018年は航空会社運営ラウンジのランキングはなかった模様で、2016年のものが最新になるかと思います。

 写真はスカイトラックス社HPよりいただいております。

www.worldairlineawards.com

 なお、2018年には、独立系空港ラウンジ部門で、ロンドン・ヒースロー空港のプラザプレミアムラウンジが世界第一位を獲得しています。

www.worldairlineawards.com

 

ファーストラウンジは2ヶ所あり

f:id:junintoiro_jp:20190308191357j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191103j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191254j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308192029j:plain

 キャセイパシフィック航空運営のファーストクラスラウンジは2ヶ所あり、今回紹介させていただくザ・ピアは、63番ゲートと65番ゲートのちょうど間にあります。ラウンジへ接続するエレベーターとエスカレーターがありますので、すぐにわかるかと思います。

 フロアマップはキャセイパシフィック航空HPよりいただいており、ザ・ウィング<ファースト>の位置が分かりにくいかと思いますが、とりあえずは2番ゲートにアクセスしていただければと思います。

www.cathaypacific.com

 

ラウンジは広く、非常に快適

f:id:junintoiro_jp:20190308191754j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191147j:plain

 レセプションで手続き後は、おしゃれな空間がお出迎えしてくれます。ラウンジのデザインや家具、カーペットに至るまで、高級感があり、常に清掃が行われているため、非常に清潔です。

f:id:junintoiro_jp:20190308191156j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191201j:plain

 座席も広々としており、布製のもの、革製のもの、いずれも長く座っていても、疲れを感じさせないものです。

f:id:junintoiro_jp:20190308191701j:plain

 しかし、座席付近にあるコンセントの形状は日本のものとは異なりますので、コンセントタイプのものをご使用の際は、変換プラグが必要です。また、写真では見えませんが、通常のUSBタイプの挿し込み口はありますので、スマホの充電等であれば問題ありません。

 

食事は高級レストラン

f:id:junintoiro_jp:20190308191151j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190308191506j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191456j:plain

 ザ・ピア<ファースト>においても、ダイニング形式の食事も楽しむことができ、高級レストランを彷彿させます。

f:id:junintoiro_jp:20190308191025j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191501j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191249j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191004j:plain

 席に着くと、メニューが渡されますが、今回はアラカルトメニューの中から、定番の(?)和牛チーズバーガーを注文しました。バーガーの左のものは、サラダ、ではなく、具材なので、自分でバーガー部分に挟み込みましょう。味は、お肉部分はそれなりに厚みがありジューシーで、パンもふっくらしており、美味しかったです。なお、パンの焼き加減をミディアムにしましたが、これくらいの焼き加減となります。

f:id:junintoiro_jp:20190308191206j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191556j:plain

 デザートもチョコレートケーキを注文しましたが、美味しい!!はい、伝わりましたでしょうか(笑)

f:id:junintoiro_jp:20190308191837j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191811j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191706j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191107j:plain

 レストランでの食事ではなく、ビュッフェタイプの食事も用意されておりますので、通常のラウンジエリアで楽しめます。写真は提供されている食事の一部しか撮っておりませんが、食事数はそれほど多くありません。まあ、皆さん、ダイニングの方で食事されておりますので当然でしょうか。

f:id:junintoiro_jp:20190308191803j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191402j:plain

 ソフトドリンクが非常に豊富で、特に、果物系スムージーも用意されているので、お好きな方にはたまらないと思います。

f:id:junintoiro_jp:20190308191016j:plain

 アルコール類は、ビュッフェゾーンにはあまり置かれていませんが、アルコールバーがありますので、ご安心下さい。カクテルなども飲めますよ。

 先日紹介させていただきましたザ・ウィング<ファースト>のダイニングよりも、ザ・ピア<ファースト>のダイニングの方が、テーブル間隔などが広く取られており、より落ち着いて食事を取ることができます。また、ザ・ウィング側のダイニングですと、窓はありませんが、ザ・ピアの方は窓がありますので、飛行機を眺めながら食事ができますので、そういう意味でも、ダイニングを楽しむならザ・ピアの方がおすすめかなと思います。

www.junintoiro.jp

 

目玉はデイスイーツとマッサージ

f:id:junintoiro_jp:20190308191352j:plain

 ザ・ピア<ファースト>の目玉はなんと言っても、リトリート(Retreat)という空間で提供されている、デイスイーツ(Day Suites)とマッサージです。

f:id:junintoiro_jp:20190308191832j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191601j:plain

 デイスイーツは、仮眠室のようなもので、こちらで読書なども楽しむことができます。完全な空間とは言えませんが、カーテンを閉めて半個室状態でくつろぐことができます。

f:id:junintoiro_jp:20190308191240j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191715j:plain

 ちなみに、窓はマジックウィンドウと言うのでしょうか、内側からは見えますが、外側からは見えない構造になっているようです。キレイにキャセイパシフィック航空の機体が見えておりますが、見たくない方は、ブラインドの開け閉めはボタン操作で可能です。

f:id:junintoiro_jp:20190308191610j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191259j:plain

 なお、もし混んでいなければ時間無制限で使えますが、混雑時は90分の時間制限があります。また、こちらで仮眠を取られる方は、リトリートの受付で、ブランケットをいただくことができます。香港は習慣的に冷房を強める傾向がありますので、5枚くらいのブランケットがあれば快適に仮眠できます(笑)

f:id:junintoiro_jp:20190308191721j:plain

 マッサージは、こちらの3種類から選択可能で、1回あたり15分間となります。

f:id:junintoiro_jp:20190308191021j:plain

 今回は、足マッサージを選択しました。3席ありますので、同伴者と同時にマッサージを受けることが可能ですが、私が滞在した時間帯は、1人のマッサージ師だけで仕事を行なっていました。まあ、毎回待ち時間がかなり発生するこちらのマッサージですが、理由はこういうことなのでしょう。

f:id:junintoiro_jp:20190308191244j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191807j:plain

 マッサージ自体の感想としましては、程よく気持ち良く、痛くないマッサージ、と言ったところでしょうか。個人的には台湾式の本気の足つぼマッサージが好きなので、こういう方には向いていないと思います。あと、汚い足の写真で申し訳ございません(笑)

 

その他のサービス・設備について

f:id:junintoiro_jp:20190308191111j:plain

 トイレは驚くほどにピカピカにされており、こちらも大理石でできているのでしょうか。

f:id:junintoiro_jp:20190308191346j:plain

 シャワーブースは、マッサージなどが受けられるリトリート内にあります。

f:id:junintoiro_jp:20190308191758j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191606j:plain

 シャワーブース内も高級感があり、非常に清潔にされております。

f:id:junintoiro_jp:20190308191058j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190308191011j:plain

 一通りのアメニティも揃っています。

f:id:junintoiro_jp:20190308191446j:plain

 トイレもシャワーブース内にあります。

f:id:junintoiro_jp:20190308191452j:plain

 パソコンブースも作られています。OSはMacになっており、ここでもおしゃれさを感じられます。

f:id:junintoiro_jp:20190308191710j:plain

 机付きの半個室ブースはビューロー(Bureau)にあります。

f:id:junintoiro_jp:20190308191552j:plain

 ザ・ウィング<ファースト>と同じく、雑誌コーナーは非常に充実しておりましたが、ほとんどが中国語ないしは英語の雑誌となります。

 

最後に

 今回利用させていただいたザ・ピア<ファースト>は、私が今まで利用させていただいたラウンジの中でも飛び抜けてお気に入りのラウンジであり、一言で言えば、「高級ホテル」に近いイメージを持っております。特に、ラウンジ内で受けられるマッサージは15分といえども、旅の疲れを忘れさせ、また、マッサージ後はシャワーを浴び、デイスイーツで仮眠を取る、そして、ダイニングで食事をいただくなど、ザ・ピアの中だけで快適に一日を過ごすことが可能です。

 また、香港国際空港内にあるもう一つのキャセイパシフィックのファーストクラスラウンジであるザ・ウィングとの違いは、混み具合だと思います。ザ・ピアの方が、キャセイパシフィック航空が使用する主要ゲートから離れているということもあり、いつも比較的空いている傾向があります。もちろん、それぞれのラウンジに良さはありますが、長時間をラウンジ内で過ごすというのであれば、ザ・ピアの方が断然おすすめかと思います。なお、ザ・ウィングとザ・ピアの移動距離についてですが、シャトルトレインを利用すれば、10分程度でのアクセスが可能なので、徒歩ではなく、シャトルトレインによる移動をおすすめ致します。

 しかし、ここでも注意点があり、デイスイーツもマッサージも日中の待ち時間が発生することが多く、上記にも記載させていただいたように、特にマッサージは、マッサージ師と利用人数の需給のバランスが全く一致しておらず、毎回最低でも2-3時間以上の待ち時間が発生しています。もし、マッサージ目当てでザ・ピアを訪れられる方は、真っ先にリトリートの受付で予約をすることをおすすめします。

 

 

www.junintoiro.jp