十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【夜間・早朝利用は要注意】香港国際空港 国際線 プラザ・プレミアムラウンジ ラウンジ訪問記

f:id:junintoiro_jp:20190310185312j:plain

  香港国際空港の国際線内に設置されているプラザ・プレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)を利用させていただきましたので、ご紹介させていただきます。

  プラザ・プレミアムラウンジは香港国際空港 第1ターミナル内には二つあります。一つ目は1番ゲート付近に、もう一つは40番ゲート付近にありますが、今回は1番ゲート付近のものを紹介させていただきます。

 

ラウンジデータ

・利用資格:ビジネスクラス / ファーストクラス / サファイアステータス / エメラルドステータス(フィンエアー、ロイヤルヨルダン航空、カタール航空スリランカ航空のフライト利用時のみ)  または  プライオリティパス、ラウンジキー、ダイナースクラブカード保持者等

・アクセス:ターミナル1 / 6階 / ゲート1付近 / 保安検査場通過後

・営業時間:24時間

www.prioritypass.com

 

保安検査場から近い

f:id:junintoiro_jp:20190310185312j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190310185254j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190310185432j:plain

  アクセスは非常に簡単で、保安検査場を抜けて左手を進みますと、すぐにラウンジの入口が見えます。保安検査場から1番ゲートに行くまでもなく、アクセスできますので、アクセスは容易です。

 フロアマップは香港国際空港HPよりいただいております。

www.hongkongairport.com

 

座席数は多く、広い

f:id:junintoiro_jp:20190310185303j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190310185259j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190310185352j:plain

 ラウンジ内はそこそこ広く、混雑が予想される日中であってもそれなりに賄える量の座席数は確保されていますが、そうは言っても、こちらのラウンジはプライオリティパスによる利用が可能であることと、保安検査場が近く、利用しやすいラウンジであるということもあり、日中では待ち時間がかなり発生していることも多々あるのが現状です。

 

夜間・早朝帯の食事提供はほぼ無し

f:id:junintoiro_jp:20190310185357j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190310185406j:plain

 私が利用した時間帯は早朝4-5時頃でしたが、基本的に食事の提供はありませんでした。

f:id:junintoiro_jp:20190310185307j:plain

 作っている雰囲気もなく、キッチンの清掃を行なっているだけでした。

f:id:junintoiro_jp:20190310185411j:plain

 提供されていた食事としては、2種類のカップ麺、パン、そしてポテトチップスのようなものだけで、お腹をしっかりと満たせるようなものはありませんでした。しかも、数少ない2種類のカップ麺も、味付けが辛いものだけという素晴らしい偏り具合ですので、辛いものが苦手な方は実質的には食べるものはありません。

f:id:junintoiro_jp:20190310185437j:plain

 ソフトドリンクは自由に取れますが、アルコール類は有料となっています。

 

その他のサービス・設備について

f:id:junintoiro_jp:20190310185401j:plain

 トイレはあまり清掃が行き届いておらず、洗面台にはティッシュペーパーが残っていました。夜間ということもあり、清掃員がいなかったのでしょうか。

 その他、シャワーブースもありますが、今回は写真を撮っておりませんので、次回利用時に追記したいと思います。

 

最後に

 香港国際空港内には、プライオリティパスで利用できるプラザ・プレミアムラウンジが3つあり、うち二つがターミナル1の制限区域内に、残りの一つがターミナル2の制限区域にありますが、それぞれの特徴について、夜間・早朝利用時という観点から、簡単にレビューしたいと思います。

 まず、ターミナル1のうち今回ご紹介させていただいたラウンジ(1番ゲート付近)は、ラウンジ内はそこそこ広いものの、夜間・早朝利用時の食事提供はほぼないため、利用目的としては、水分補給やシャワー利用くらいしかありません。

www.prioritypass.com

 次に、ターミナル1のもう一つのラウンジ(40番ゲート付近)は、プライオリティパスHPによると、24時間営業のようですが、実際にアクセスしようとしたところ、朝6時まではアクセスするためのエレベーターおよびエスカレーターが停止していたため、営業自体していなかった可能性があります。あくまで個人的な予想となりますが、夜間・早朝帯は、一部のゲートしか稼働しておらず、40番ゲートにアクセスできるようなエレベーターやエスカレーターなどは全て停止していたものと判断しております。いずれにせよ、今回のように、夜間・早朝利用の際は、こちらのラウンジはそもそも使えない可能性があるということです。

www.prioritypass.com

 最後に、ターミナル2のラウンジですが、こちらのラウンジは、保安検査区域に、ラウンジがあるため、ターミナル1利用の便であっても利用が可能です。さらに、こちらのラウンジが良いところは、アライバルラウンジとしての利用も可能なので、長距離フライトの到着の際にシャワーを浴びるために利用する、といったことも可能です。その他、私の今までの利用経験では、夜間・早朝帯であっても、調理された食事がいくつか提供されておりました。しかし、3つのラウンジのうち、最もスペース的には狭く、アライバルラウンジとしての利用もでき、夜間・早朝利用時であっても食事がいくつか提供されているということから、夜中の利用時には比較的混雑している傾向にあります。

www.prioritypass.com