十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

日本航空 JL26 香港ー東京 エコノミークラス 搭乗記

f:id:junintoiro_jp:20190311164946j:plain

 香港国際空港から東京国際空港羽田空港)まで、日本航空のエコノミークラスを利用しましたので、ご紹介させていただきます。 

 

フライトデータ

・出発:香港(HKG)15:35

・到着:東京・羽田(HKG)20:25

・便名:JL26

・クラス:エコノミー

・座席番号:45A

・使用機材:ボーイング777-200

・所要時間:3時間50分

・搭乗月:2019年2月

 

インボラを期待していましたが・・・

f:id:junintoiro_jp:20190311165146j:plain

  こちらの写真は、搭乗2時間前の写真で、エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスは満席、ビジネスクラスの残席があることを表していますが、残念ながら当初のエコノミークラスでの搭乗となりました。実は、JAL側の地上係員の案内では、搭乗開始時刻直前の段階において、「到着機の遅れのため出発が遅延する」と言っていましたが、これはおそらく嘘の案内で、出発ギリギリまで座席調整を行なっていた模様です。結局、出発自体は30分程度遅れました。

 JALの予約クラスについてはこちらをご参照下さい。

www.jal.co.jp

 写真はBCD travel HPよりいただいております。

flightavailability.bcdtravel.com

 

ボロボロの機材でした

f:id:junintoiro_jp:20190311165206j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190311164956j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190311165109j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190311165230j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190311165152j:plain

 今回も、安定の(?)非常口座席45Aを利用させていただきました。足は伸ばせますが、非常口の出っ張りに少し当たってしまうくらいの距離しかないため、気にされる方は、45B・45Cまたは45H・45Jの席をおすすめします。 

 クラス別シート情報および座席表は日本航空HPよりいただいております。 

www.jal.co.jp

f:id:junintoiro_jp:20190311165104j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190311165206j:plain

 今回の使用機材は、ボーイング777-200でしたが、シートからもおわかりのように、JAL SKY SUITE使用にはなっておらず、旧機材となっておりました。

f:id:junintoiro_jp:20190311165155j:plain

 座席の肘掛けは、このように傷がついており、内装がメンテナンスれている気配はありませんでした。

f:id:junintoiro_jp:20190311165100j:plain

 こちらはCAさんの座席上にある共用モニターですが、機内アナウンスが流れると、このような感じになります(笑)

 

機内食は美味しい

f:id:junintoiro_jp:20190311165055j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190311165001j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190311165050j:plain

 今回の機内食は、チキンとマッシュポテト、そばがメインとなっていました。JAL機内食は、洋食と和食のミックスが多く、少し斬新だなあといつも感じてしまいます。味自体は美味しかったです。

 

エンターテイメントも古い

f:id:junintoiro_jp:20190311164940j:plain

 機内エンターテイメントについては、MAGIC-Ⅲというかなり前のモデルでした。タッチパネルはもちろん搭載されてらず、リモコンで操作する必要があります。また、閲覧可能な映画も、往路のMAGIC-Ⅵ搭載の機材のものとは異なり、少々古めのものでした。

www.junintoiro.jp

 

その他のレビューについて

 機内Wi-Fiは搭載されていません。コンセントは、エコノミークラスであれば、23〜26列目の座席であれば利用可能ですが、45列目以降の座席には設置されておりませんので注意が必要です。

 

旧機材を回避するには?

f:id:junintoiro_jp:20190311165239j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190311165234j:plain

 JAL公式HPからの予約であれば、便名および旅程詳細の欄に、Wi-Fiのマークがあるかないか、SKY SUITE仕様になっているかどうか、搭載エンターテイメントの種別によって、旧機材の利用は回避できます。香港であれば、近距離と言えども、東京からの往路であれば5時間以上のフライトとなりますので、新機材でのフライトを楽しみたいところです。

www.jal.co.jp

 

最後に

 今回は日程的にもこちらの便を利用せざるを得なかったため、旧機材による搭乗をさせていただきました。個人的には機材にこだわりがあるというわけではないのですが、やはり近距離と言えども、機内Wi-Fiが使えず、メールなどのやり取りができなかったのは非常に厄介でした。また、コンセントも私の席には設置されていなかったので、スマホの充電すらできず、こちらも少し困ってしまいました。もし旅行に行かれる際でしたら、やはり新しい機材で、新しいシートの方が旅行気分も良くなるかと思いますので、ぜひご参考にしていただければと思います。