十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【JGC修行にも有効】JALの航空券代金を抑えるちょっとしたテクニック

f:id:junintoiro_jp:20190312232204j:plain

 JALユーザーの方であればご存知の方も多いかもしれませんが、JALのチケット代金を少しでも安くする方法を簡単にまとめてみました。

 

二つの方法あり

 簡単には二つの方法があり、一つ目は楽天リーベイツを経由して購入する方法、二つ目は旅行券を使用して購入する方法、となります。はじめに申し上げておきますと、おすすめは二つ目の旅行券を利用して購入する方法となります。

 

楽天リーベイツを経由して購入する方法のメリット・デメリットについて

f:id:junintoiro_jp:20190312232205j:plain

 楽天リーベイツは、楽天株式会社が運営するポイントサイトで、こちらを経由して航空券を購入すると、航空券代金の一部がポイントバックされるため、実質的な割引を受けることが可能です。つい先日までは、JAL 国際線航空券の購入に対して、10%のポイントバックが受けられるキャンペーンをやっていたため、非常に太っ腹なポイントサイトと言えるでしょう。

www.rebates.jp

 

f:id:junintoiro_jp:20190312232208j:plain しかし、このキャンペーンは年においても不定期でしか開催されないこと、さらに、厳密に言えば、諸税および燃料サーチャージ部分はポイント対象外となっており、航空券代金部分のみにしかポイントバックがされないことを考えると、先ほどの10%ポイントバックは、路線にもよりますが、実質的には6%前後のポイントバックにしかならない可能性も十分にあります。

f:id:junintoiro_jp:20190312232207j:plain

 また、上記は国際線航空券の話ですが、国内線航空券の方に話を移しますと、通期を通して1%前後のポイントバックしか還元されていないことがほとんどかと思います。もちろん、クレジット決済によるマイルやポイント還元に加えて、楽天リーベイツによる追加的な1%ポイントバックが受けられることは事実ではありますが、あまり大きな還元とは言えないのではないでしょうか。

 写真は楽天リーベイツHPよりいただいております。

www.rebates.jp

 

旅行券を利用して購入する方法のメリット・デメリットについて

f:id:junintoiro_jp:20190312232204j:plain

 一番のメリットは、金券ショップにてJAL旅行券を調達することによって、一年中安定してJALの航空券の実質的な割引を受けることが可能です。これは、上で説明させていただきました楽天リーベイツのキャンペーンを待つなどといったことはする必要はなく、航空券を購入したい時に旅行券支払いをすれば良いだけなので、この点は非常にメリットがあります。さらに、楽天リーベイツでは、諸税および燃料サーチャージ部分はポイント対象外となっていましたが、JAL旅行券による支払いの場合であれば、諸税および燃料サーチャージ部分を含めた全ての支払い金額に対して割引を受けることが可能です。

f:id:junintoiro_jp:20190313003425j:plain また、こちらは割引とは関係ありませんが、旅行券支払いにすることにより、電話予約等でかかる発券手数料が免除されることもメリットと言えるでしょう。

 

 対して、デメリットとしては、JAL旅行券の調達に手間がかかるという点です。ネット上での購入で言えば、ヤフオクが最も調達しやすいマーケットではありますが、それほど流通量が多くないこと、また、実際には額面以上で取引されていることもあり、現実的ではありません。その他、メルカリを代表とするフリマアプリでは、このような金券類の取引は禁止されており、こちらでも購入することができません。したがって、額面以下で購入する場合であれば、駅近くにあるような金券ショップが、JAL旅行券の調達には最も適した場所ではないかと思っております。とはいえ、金券ショップであってもJAL旅行券を取り扱っている店舗自体が少ないため、調達には時間がかかるかもしれません。

f:id:junintoiro_jp:20190313003426j:plain

 その他のデメリットとしては、JAL旅行券による支払いの場合、JALのカウンターでの支払いまたは送付手続きを行わなければならない点も挙げられるでしょう。

 写真は日本航空HPよりいただいております。

www.jal.co.jp

 

大阪の金券ショップの相場について(2019/3/12時点)

 実際に、大阪市内においても金券ショップ激戦区と言われる梅田・大阪駅エリアの金券ショップを視察してきました。まず、JAL 旅行券自体が金券ショップにおいてもマイナーであり、限られた店舗にしか置かれていないのが現状です。その中でも6店舗で販売されていることを確認しましたので、ランキングさせていただきます。

 

 1位:チケットショップ アイギフト94%

f:id:junintoiro_jp:20190312232200j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190312232157j:plain

 堂々の第1位は、チケットショップ アイギフトで、94%での販売となっておりましたこちらの金券ショップですが、店頭販売のみならず、郵送販売もしているので、所在地を問わず購入が可能です。

igift.cside.com

 

2位以下も念の為載せておきます。

 

 2位:チケットキャビン 梅田本部甲南チケット 大阪駅前第二ビル店(95%)

f:id:junintoiro_jp:20190312232202j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190312232159j:plain

ticketcabin.com

f:id:junintoiro_jp:20190312232153j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190312232152j:plain

www.kounan.com

 3位:K-NET チケットキング本部(96%)

f:id:junintoiro_jp:20190312232201j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190312232155j:plain

e-kaitori.net

 4位:チケットスーパー 梅田第一ビル店(96.5%)

f:id:junintoiro_jp:20190312232156j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190312232154j:plain

www.kinken333.net

 5位:チケットゾーン(97%)

f:id:junintoiro_jp:20190312232203j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190312232158j:plain

ticketzone.jp

 

まとめ

楽天リーベイツ経由での購入

メリット:年に数回開催されるキャンペーンにおいて、特に、国際線航空券のポイントバックが大きい。クレジットカードのマイルやポイントも貯められる。

デメリット:そもそもキャンペーン開催が不定期。諸税・燃料部分はポイントバック対象外のため、実質的なポイント還元率は表示よりも低くなる。ポイントバックされたポイントは楽天サービスにしか使えない。国内線航空券のキャンペーンは多くない。

 

JAL旅行券利用による購入

メリット:一年間安定して割引価格で航空券を購入可能。国内線・国際線を問わず、さらに、諸税・燃料部分を含む全ての支払金額から割引を受けられる。電話等で予約しても発券手数料が免除される(旅行代金の一部支払でも有効)。

デメリット:調達に手間がかかる。JALカウンターでの支払いまたはチケットデスクに送付する必要がある。クレジットカードのマイルやポイントは得られない。旅行券自体に有効期限がある。

 

 それぞれのメリット・デメリットはこのような感じになるかと思いますが、やはり通期を通じて5-6%の割引価格で航空券を購入できる旅行券支払いの方が使い勝手としては良いような気がします。もちろん楽天リーベイツのキャンペーンと購入タイミングがマッチするようであれば、楽天リーベイツ経由で購入した方が良いかと思いますが、諸税・税金などを考慮してどちらの方が還元率の方が良いのかを考える必要はありますので、この点には注意が必要です。

 

 

(*参考)

f:id:junintoiro_jp:20190313003424j:plain

 楽天リーベイツのJAL 国際線航空券のポイントバック対象条件を確認すると、「コンビニ支払い、銀行振り込みでのご購入は成果対象外」とあるため、厳密に言えば、楽天リーベイツ経由で予約番号だけ発行し、JAL旅行券を送付して支払いをすれば、上の二つの方法の合わせ技となり、最も還元率が高い購入方法ができそうです。

f:id:junintoiro_jp:20190313003427j:plain

 しかし、同じく楽天リーベイツのJAL 国内線航空券のポイントバック条件では、「クレジットカードまたはe JALポイントでお支払いいただいた場合のみ対象」とあり、即時決済を前提としてアフィリエイトを構築しているようなので、国際線航空券についても、即時決済されない方法は成果対象外となる可能性は十分にあるので、注意が必要です。

 写真は楽天リーベイツよりいただいております。

www.rebates.jp

www.rebates.jp