十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【ほぼ最短・最安】羽田空港ーJR蒲田駅間の移動方法は路線バスがおすすめ

f:id:junintoiro_jp:20190317184711j:plain

 羽田空港とJR蒲田駅の移動方法についてご紹介させていただきます。

 

 

2つの方法しかない

 羽田空港ーJR蒲田駅間の移動は、タクシー以外の公共交通機関を用いた方法であれば、2つの方法しかありません。

 

京急蒲田→徒歩ルート(所要時間:20分〜、費用:300円〜)

 1つ目は、羽田空港から京急線に乗って、京急蒲田駅まで行き、徒歩でJR蒲田駅まで向かう方法です。

 利用するターミナル駅によって料金と時間は異なりますが、仮に、羽田空港国際線ターミナル駅から京急蒲田駅へ向かう場合であれば、最も早いエアポート快特に乗車できれば、最短で5分、そして、料金は300円(IC利用時:294円)となります。

 しかし、京急蒲田駅とJR蒲田駅は1km弱の距離があり、普通に歩いた場合であっても15分くらいはかかるかと思いますので、駅での待ち時間等を全て考慮しても、JR蒲田駅までは、早くても20分程度かかることになります。

 

路線バス利用(所要時間:20分〜、費用:280円)

 2つ目は、羽田空港からバスを利用する方法です。

 こちらのバスは京浜急行バス(以下、京急バス)が運営しており、羽田空港とJR蒲田駅間をほぼ直通でつなぐシャトルバスと、その間のバス停にもいくつか停車する、いわゆる路線バスの2種類があります。

 仮に、直通タイプのシャトルバスを利用して、羽田空港国際線ターミナルからJR蒲田駅までであれば、時刻表通りに動けば22分(※)、そして、料金は280円(IC利用時:276円)となります。ちなみに、京急線利用時とは異なり、利用ターミナルによって料金が異なることはなく、一律で280円となっています。

 したがって、トータル的には京急線利用時とさほど時間が変わらないこと、金額的も京急バス利用時の方が安く、さらには、歩く労力を使わなくても良いことなどを含めまして、以下、京急バスの乗車方法で話を進めていきます。

 

 ※シャトルバスではなく、通常の路線バス利用時であっても、所要時間は時刻表的には0-2分しか変わらないようですが、念のため京急線利用時と最短比較するために、シャトルバスでのご案内をさせていただきました。

 

路線バスの乗車方法について

 羽田空港からJR蒲田駅に向かう場合と、JR蒲田駅から羽田空港へ向かう場合のそれぞれについて説明させていただきます。

 

羽田空港→JR蒲田駅 の場合

f:id:junintoiro_jp:20190317184720j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190317184706j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190317184707j:plain

 国内線第1ターミナルおよび第2ターミナルから乗車する場合は、いずれも1階到着ロビーの16番のりばとなります。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184719j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190317184715j:plain

 1階に着きますと、出て左側に進むと、大きく「京急バス」の看板が見えますので、そちらの方法へすすみましょう。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184721j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190317184716j:plain

 蒲31・蒲41・蒲95のいずれのバスでも大丈夫ですが、蒲95はシャトルバスのため、JR蒲田駅まではほぼ直通となっているため、一番おすすめです。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184710j:plain

 運行間隔については、上記3路線を含めると、5-15分程度の間隔となっているようですが、時刻表はこちらからご覧ください。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184705j:plain

 また、国際線ターミナルから乗車する場合は、1階の11番のりばからの乗車となります。写真等はまた追記したいと思います。

 

JR蒲田駅羽田空港 の場合

f:id:junintoiro_jp:20190317184717j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190317184705j:plain

 乗車はJR蒲田駅の東口側となります。東口を出ますと、目の前はバスターミナルとなっており、羽田空港へ向かう路線バスは、0番・3番・4番のりばからとなります。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184712j:plain

 また、停車駅が最も少ないシャトルバス(蒲95)を利用する際は、0番のりばからとなります。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184714j:plain

 こちらも同じく、 国内線ターミナルに向かう場合であれば、蒲31・蒲41・蒲95のいずれでも大丈夫で、運行間隔については、5-15分程度の間隔となっているようです。詳しい時刻表はこちらからご覧ください。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184708j:plain

 また、国際線ターミナルに向かう場合であれば、蒲31・蒲41・蒲95に加え、蒲30・蒲40でも大丈夫なようです。

 

車内は荷物置き場が小さいので注意

f:id:junintoiro_jp:20190317184709j:plain

 車内の様子はこのような感じとなっており、私が利用した時間帯は朝8-9時頃でしたが、かなり空いておりました。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184718j:plain

 しかし、荷物置き場が非常に小さく、大きめのキャリーケースであれば、2個入るか入らないかといったスペースしか確保されていなかったため、この点には注意です。

 

深夜・早朝帯も一部運行

f:id:junintoiro_jp:20190317184724j:plain

 これは非常にありがたいのですが、羽田空港発であれば、夜0時30分までの便と、JR蒲田駅発であれば、朝4時30分の便も一部ですが運行されているようなので、「京急線が動いていないが、蒲田周辺まで行きたい or 羽田空港まで向かいたい」などの時間帯はこちらの路線バスが最も経済的な手段となりますね。

www.keikyu-bus.co.jp

 

まとめ

 今回は羽田空港ーJR蒲田駅間の移動方法についてご紹介させていただきましたが、路線バスを利用したとしても、時間は京急線利用時とさほど変わらず、また、料金的にもお得で、さらには体力も温存できるということで、羽田空港ーJR蒲田駅間の移動であれば、路線バスが非常におすすめです。

 

f:id:junintoiro_jp:20190317184725j:plain

 また、タイトルには【ほぼ最短・最安】と、「ほぼ」を入れておりますが、実は、路線バスを利用した方が早いケースがほとんどで、京急蒲田駅までの停車駅が最も少ないエアポート快特の本数は非常に少ないためです。

 写真の中で、黄色のものはエアポート快特で、本数的には少ないことがお分かりいただけるかと思います。次に早いのがエアポート急行ですが、こちらは、羽田空港国際線ターミナル駅から京急蒲田駅まで8分かかり、JR蒲田駅までの徒歩時間を考慮しても、トータル的には、路線バスを利用した方が早いと思います。

 写真は京急電鉄HPよりいただいております。

norikae.keikyu.co.jp

 

 まあ数分程度の細かい話にはなりましたが、やはりどちらが早いとか遅いとかではなく、ほとんど所要時間が変わらず、歩く労力も必要ないということであれば、やはり路線バス一択ではないかと思います。

 

 当記事の写真は京浜急行バスHPよりいただいております。

www.keikyu-bus.co.jp