十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【日帰り 日本国内線最長修行ルート 2/4レグ目】日本トランスオーシャン航空 NU70 石垣ー東京 普通席 搭乗記

f:id:junintoiro_jp:20190328173036j:plain

 新石垣空港から東京国際空港羽田空港)まで、日本トランスオーシャン航空の普通席(エコノミークラス)を利用しましたので、ご紹介させていただきます。 

  

 

フライトデータ(2/4レグ目)

・出発:新石垣(ISG)10:50

・到着:東京・羽田(HND)13:30

・便名:NU71

・クラス:普通席

・座席番号:15A(窓側)

・使用機材:ボーイング737-800

・所要時間:2時間40分

・搭乗月:2019年3月

 

 

折り返し便のクラスJ空席待ちは厳しい

 同一日に複数の便を予約し、クラスJの空席待ちを行う場合は、システム上、出発地の空港でしか空席待ちは行えないことになっています。

 1レグ目で石垣に到着後、空港カウンターで空席待ちをしようとしましたが、既に空席待ちをされていた方々へクラスJへの案内が開始されているような状況でした。仕方がありませんので、とりあえず、この時点で4レグ目の石垣発の便の空席待ち整理券を発券してもらうことにしました。

 

 1レグ目の記事はこちらです。

www.junintoiro.jp

 

機内サービス

非常口座席はクラスJよりも快適

f:id:junintoiro_jp:20190328173040j:plain

 羽田への折り返し便もウルトラマンJETの機材での運用となっておりました。

ultraman.jta-okinawa.com

 

f:id:junintoiro_jp:20190328173037j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190328173038j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190327184257j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190327184256j:plain

 座席は15列目の非常口座席を指定しました。足元はクラスJよりも広く快適です。

 

f:id:junintoiro_jp:20190328173039j:plain

 なお、こちらの機材は、14列目と15列目が非常口になっておりますが、いずれも足元は広いものの、14列目はリクライニングができない座席となっているため、注意が必要です。

 

 クラス別シート情報および座席表はJAL HPよりいただいております。

www.jal.co.jp

 

飲み物のみの提供

f:id:junintoiro_jp:20190218075012j:plain

 東京ー石垣路線は3時間超の路線ですが、あくまで国内線の機内サービスということで、機内食の提供はなく、ドリンクサービスのみとなっています。

 

 写真はJAL HPよりいただいております。

www.jal.co.jp

 

機内Wi-Fiの利用が無料

f:id:junintoiro_jp:20190327183416j:plain

  機内Wi-Fiは今回も安定しておりました。

 

f:id:junintoiro_jp:20190327183423j:plain

 また、スマートフォンによるエンターテイメントサービスも利用可能です。

www.jal.co.jp

 

その他のレビュー

 こちらの機材には、コンセントは備え付けられておりません。

 

最後に

 往路の便はクラスJで、復路の便は普通席の非常口座席で羽田に折り返しましたが、前方席までのシートピッチは非常口座席の方が広く、マイルやFOPを重視しない方は、普通席最前列の座席や非常口座席後方側の座席の方が個人的にはおすすめです。

 1レグ目が6時35分発という早朝だったということもあり、2レグ目の今回の便は離から着陸までほぼ寝ていました。修行ルートとしては、時間的なスケジュールは完璧であるものの、体力的には非常にハードなルートとなっています。