十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【日帰り 日本国内線最長修行ルート 4/4レグ目】日本トランスオーシャン航空 NU76 石垣ー東京 普通席 搭乗記

f:id:junintoiro_jp:20190402072049j:plain

 新石垣空港から東京国際空港羽田空港)まで、日本トランスオーシャン航空の普通席(エコノミークラス)を利用しましたので、ご紹介させていただきます。 

  

 

フライトデータ(4/4レグ目)

・出発:新石垣(ISG)19:20

・到着:東京・羽田(HND)22:00

・便名:NU76

・クラス:普通席

・座席番号:7K(窓側)

・使用機材:ボーイング737-800

・所要時間:2時間40分

・搭乗月:2019年3月

 

 

クラスJ空席待ちにまたも敗れる

f:id:junintoiro_jp:20190402072048j:plain

 搭乗開始後もクラスJ空席待ちの方の待機があり、実際には最終搭乗案内ギリギリまで待っていましたが、結局クラスJは落ちて来ず、この日の羽田ー石垣路線での勝率は4回中1回となりました。

 もちろんビジネスマンが多い路線でもないため、急遽当日の便を変更される方が少ないのは当然の結果かと思います。

 もしこちらの路線で、どうしてもクラスJを確保したいという方であれば、当日の空港での空席待ちではなく、事前予約での確保をおすすめ致します。

 

 1レグ目の記事はこちらです。

www.junintoiro.jp

 

 2レグ目の記事はこちらです。

www.junintoiro.jp

 

 3レグ目の記事はこちらです。

www.junintoiro.jp

 

機内サービス

普通席最前列7列目はおすすめ

f:id:junintoiro_jp:20190402072052j:plain

 やっと機材変更があり、今回はジンベエジェットで羽田へと折り返すこととなりました。

jta-okinawa.com

 

f:id:junintoiro_jp:20190402072051j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190402072053j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190327184257j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190327184256j:plain

 羽田ー石垣路線で使用されている機材で、普通席で間違いなく一番おすすめの座席は7列目です。足元は普通席の中でも最も広く、快適なフライトを過ごすことができます。

 

 クラス別シート情報および座席表はJAL HPよりいただいております。

www.jal.co.jp

 

f:id:junintoiro_jp:20190402072047j:plain

 ジャケットフックもあります。

 

飲み物のみの提供

f:id:junintoiro_jp:20190218075012j:plain

 東京ー石垣路線は3時間超の路線ですが、あくまで国内線の機内サービスということで、機内食の提供はなく、ドリンクサービスのみとなっています。

 

 写真はJAL HPよりいただいております。

www.jal.co.jp

 

機内Wi-Fiの利用が無料

f:id:junintoiro_jp:20190327183416j:plain

  あまりの疲れで機内Wi-Fiはほとんど利用しておりませんが、普通にインターネット接続はできました。

 

f:id:junintoiro_jp:20190327183423j:plain

 また、スマートフォンによるエンターテイメントサービスも利用可能です。

www.jal.co.jp

 

その他のレビュー

 こちらの機材には、コンセントは備え付けられておりません。

 

最後に

f:id:junintoiro_jp:20190402072050j:plain

 JALグループ便の中で日本国内線最長路線を1日で2往復するという非常に激しい修行コースですが、積算率100%での発券であったため、ダイヤモンド会員ですと、総獲得マイルは11,541、FOPは11,636となり、マイルとFOPの大量量産が可能です。

 特にFOPだけに着目すると4レグ分全て普通席であったとしても11,392(=2,848×4)というFOPを1日で獲得できるため、JGC修行でサファイアまで到達することが目的であれば、JALカード特典ボーナスFOPの5,000を追加獲得できることを考慮すると、実質5日間でJGC修行を完了させることができます。

 もちろん積算率100%の発券となると、運賃自体が高いため、金額を安く抑えたいという方には向いていませんが、FOP計算期間の終了となる年末頃の必殺技として使えるかと思います。