十人十色トラベラー

トラベラーの皆さんへ、旅のお得情報や搭乗した便に関するレビューなどをお届けしたいと考えています。

【台湾・花蓮のおしゃれなホテル】シャトー・デ・シン花蓮 (翰品酒店花蓮) 宿泊記

f:id:junintoiro_jp:20190421223125j:plain

 台湾東部の花蓮にあるシャトー・デ・シン花蓮 (翰品酒店花蓮)のスーペリアツインルームに宿泊させていただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

宿泊施設情報

・公式ホームページ:https://hualien.chateaudechine.com/jp/index

・ホテルカテゴリ:ホテル

・住所:台湾・花蓮市永興路2號

・電話番号:03-823-5388

・最寄のバス停:中美中興路口、石雕博物館、

・チェックイン時間:15時00分、チェックアウト時間:12時00分

・利用客室:スーペリアツイン

・宿泊月:2019年3月

 

 

hualien.chateaudechine.com

 

アクセス方法

f:id:junintoiro_jp:20190421223115j:plain

 台湾鉄道(台鐵)の花蓮駅からおよそ4kmの場所にありますが、花蓮市内はMRTが通っておらず、バスでの移動またはタクシーでの移動となるでしょう。タクシーで移動するのがおすすめですが、目立つホテルなので、タクシーの運転手さんが知らないということはないでしょう。

 

 

ロビーから客室までの様子  

f:id:junintoiro_jp:20190421223126j:plain

 ホテルに入ると、豚と子供の像がお出迎えをしてくれます。受付の方は日本語が話せますので、中国語ができない方でも大丈夫です。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223127j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190421223132j:plain

 こちらもロビーですが、立体的な馬(?)が壁に描かれており、ホテルのコンセプトは動物のようです。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223146j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190421223131j:plain

 今回は8階の部屋を用意していただいたということで、上のフロアまで上がりますと、かすかに海が見えますが、景観自体は綺麗ではありません。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223128j:plain

 各客室の廊下にも絵画が飾られており、客室内に入るまでに、ホテル全体的のおしゃれさを感じられます。

 

客室内の様子

f:id:junintoiro_jp:20190421223117j:plain

 部屋に入ると、早速大きなベッドが2台あります。 写真からもお分かりのように、1台のベッドで大人2人寝たとしても十分なスペースがあります。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223147j:plain

 ベッド脇にはソファがあります。こちらはあまり大きくはなく、テレビを観れるポジションでもなく、配置的にも微妙です。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223150j:plain

 ベッドの前には机とテレビがあります。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223123j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190421223142j:plain

 机の上のスマホは持ち運び自由で、インターネットも使い放題のようですが、無くした時の罰金がかなり大きいので気をつけましょう。こちらのスマホを使えば、自分のスマホにインターネットを飛ばして、自分の携帯電話でインターネットも楽しめます。

f:id:junintoiro_jp:20190421223139j:plain

 玄関入口にはいろいろなものがおかれており、スリッパやバスローブはクローゼットの中に収納されております。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223155j:plain

 スリッパの質は普通です。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223136j:plain

 バスローブ自体はパッキングされており、非常に清潔です。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223137j:plain

 貴重品箱も備え付けられております。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223134j:plain

f:id:junintoiro_jp:20190421223122j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190421223153j:plain

 水はもちろんのこと、お菓子やミニバーも全て無料です。ソフトドリンク2本しかなかったので、ミニバーと言ってよいのかどうかわかりませんが、とりあえず安心して全て飲食できます。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223151j:plain

 続いて洗面台です。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223116j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190421223145j:plain

 基本的なアメニティは一式揃っております。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223135j:plain
f:id:junintoiro_jp:20190421223152j:plain

 シャワールームにはバスタブもあり、水圧もバッチリです。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223143j:plain

 シャンプーセットはこちらに用意されております。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223119j:plain

 ドライヤーはパナソニック製。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223133j:plain

 トイレは残念ながらウォッシュレットは付いておりませんが、清潔にされております。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223121j:plain

 洗面台の下には、かわいい体重計も用意されております。

 

食事について

f:id:junintoiro_jp:20190421223124j:plain

 今回は移動距離が長いことから、朝食無しにしました。朝食は1階で食べることができ、種類も多いようです。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223130j:plain

 朝食だけではなく、夕食やお昼のランチまでやっており、全てビュッフェ形式のようです。お値段は、朝食であれば450NTD(=1,633JPY 2019/04/21)、ランチ・夕食であれば800NTD(=2,903JPY 2019/04/21)です。朝食の値段は若干高めに感じますが、夕食で食べ放題で3,000円弱であれば安くないでしょうか。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223120j:plain

 実はチェックインの際に、食事で使える150NTD分の割引クーポンをいただきましたが、朝ごはんを食べている時間もなかったので、そのままホテルを出ることにしました。

 もしクーポンを利用すれば、かなり食事は安くなると思います。

 

その他のサービス・設備について 

f:id:junintoiro_jp:20190421223138j:plain

 3階にはジム、B1階にはサウナがあるようです。

 

f:id:junintoiro_jp:20190421223140j:plain

 客室からかすかに見えましたが、1階にはプールがあります。さすがに3月末はまだ解放されておりませんでした。

最後に

 今回は花蓮で一番おしゃれ(?)な 「シャトー・デ・シン花蓮」に宿泊させていただきましたが、値段は安いにも関わらず、客室内は非常に綺麗にされており、コスパ最高のホテルだと思います。

 ロビーの方も日本語ができますし、花蓮観光の際にはこちらのホテルを利用すれば、いろいろな手配も丁寧にして下さると思いますよ。

 話は少し変わりますが、先週大きな地震花蓮であったため、心配しております。昨年の2月にも花蓮で大きな地震があり、2年連続で被害を受けているようなので、そういう時こそ観光で花蓮を訪れてあげたいですね。

 

 

→「シャトー・デ・シン花蓮 (翰品酒店花蓮)」の予約はこちらから